MENU

過去は振り返らなくて良い|シンプルに生きる③

過去を振り返る、過去を癒すは必要? ネガティブから脱出するために、その原因である過去を癒す必要があるといわれ、過去を振り返ってみる方は多いはずです。 そう、私もそうでした。 でも、それで本当に過去は癒されました? 変わりましたか?

過去は振り返らなくて良い|シンプルに生きる③

こんにちは、マインド再構築トレーナー、がんばらない人生研究家の杉田です。シンプルに生きる3回目は、過去は振り返る必要はあるの?ないの?を取り上げました。

 

過去を振り返る、過去を癒すは必要?

 

 

ネガティブから脱出するために、その原因である過去を癒す必要があるといわれ、過去を振り返ってみる方は多いはずです。

 

そう、私もそうでした。

 

でも、それで本当に過去は癒されました?

変わりましたか?

 

私は、振り返ったおかげで、忘れていたことまで思い出し、余計に落ち込んだり、悲しくなってしまいました。

 

そう、開けなければよかった過去というパンドラの箱の扉を開けてしまったばっかりに。

 

 

人はイメージで記憶したり、思い出したりします。

 

例えば、
「目の前に梅干しがあります。」

 

そういわれると、なんだか唾がたまってきませんか?

 

目の前に梅干しがあるわけでもないのに。

 

それと同じです。

今そこにあるわけでもない。
今実際に起こっているわけでもないことを

 

何度も何度も、

あのときはあーだった。

ああすれば良かった、

あれは間違いだった

 

とか、思い出してみてください。

 

いつまでたってもその記憶、暗いイメージに捕まったままです。

 

 

変えられない過去

 

思い出して、変えられるのでしょうか?

 

「過去の事実のとらえ方を、今の自分の「在り方」で変えるんだ!」

 

そう言われても、どうなのでしょう?

 

過去は変わるのでしょうか?

 

捉え方を変えると、多少は心が軽くなったように感じる場合もあります。

 

でも、過去は過去。そのままです。

そして、また振り返れば、変わらない過去が脳裏にイメージでよみがえるんです。

 

はっきり、くっきりと。

 

今起きているわけでもないのに、あたかも現実に再体験しているように、また心が傷つくんです。

 

あなたは、それでも、過去を癒すことをしますか?

 

今を見つめる

 

 

マインド再構築では、過去を振り返るという不毛なことは進めません。

 

いえ、しなくていいんです。

 

大切なのは今!

 

あなたが生きて、息をして実際にそこに在る「今」なんです。

 

ネガティブループに陥るだけの、過去を振り返る作業はもう止めましょう。

 

それよりも「今」のあなたを、もっともっと大切にしましょう♪

 

今、あなたは、何がしたいですか?

何をしようと思ってますか?

何をすべきだと思ってますか?

 

自分の声に耳を傾けてみてください。

 

決して過去を振り返ることなどではないはずです(^^)

 

 


関連コンテンツ