MENU

自分と自分の信頼関係は?|シンプルに生きる⑤

ネガティブ思考が強かった私は、いつも自分を責めてました。 あれができない、これもできない。 娘失格、妻失格、親失格…… そんな風に「失格」のレッテルを張ってました。

自分と自分の信頼関係は?|シンプルに生きる⑤

ネガティブ思考が強かった私は、いつも自分を責めてました。

  • あれができない、これもできない。
  • 娘失格、妻失格、親失格……

そんな風に「失格」のレッテルを張ってました。

 

信頼関係、他人の場合と自分の場合

 

 

では、これを他人にしたらどうでしょう?

 

そう、一気に関係が破壊しますよね?

 

いや、他人にそんなことしないし、言わないし、
自分だから正直に思った事をぶつけてるだけで・・・

 

じゃー、そんな自分自身は、自分からそう決めつけられて傷つかないんでしょうか?

 

いいえ!自分自身も傷ついているんです。

 

自分に認めらえていない

 

そこまで否定されて、たとえ自分自身からだといっても、いいえ、自分自身からだらこそ、平気でいられませんよね?

 

当然、傷つきます。

 

自己承認欲求

 

  • どうして、こうも自分が嫌いなんだろう?
  • どうして、こんなにも自己否定ばかりしているんだろう?
  • 自分なんて何の価値もないじゃない。
  • 生きていてもしょうがない。

 

こう感じるのが、自分自身から嫌われた自分自身からの叫びだと言ったら、あなたはどう思われますか?

 

 

だから、無意識に外に自分への承認を求めていく。

認められればうれしいけれど、でも、それは一時しのぎ、一時的な喜び。
そして、また承認欲求を満たそうと次の行動をしていく。

 

その繰り返しで人の目が気になりすぎて、またしてもネガティブが深くなる。

 

自己承認度をあげよう

 

一般的な自己啓発や心理系セミナーでは、その日にできたことを書き出して、ほめて自己承認度をあげようと良く言われてます。

 

そのこと自体、悪い事とは思ってませんが、そもそも結果のみにフォーカスしていることが、では、できなかったことは悪い事なのかということにもなります。

 

重要なのは自分で決め・結果にフォーカスしないで行動することです。

 

そして、そうした自分をしっかりと認め、ほめること。

それが自己承認度をあげることにつながり、自己否定をしなくなってきます。

 

そうなる日々の心がけ、チェックポイントを「ネガティブ解消・マインド再構築(頑張らない人生呼吸法)では、お伝えし、トレーニングしていただいてます。

 

もっと自分を認めてあげちゃいましょう♪

たとえ、また自分責めしている、また失敗したとしても、日々こうして生活している自分を、大いにほめたたえてもいいと思われませんか?

 

 


関連コンテンツ