MENU

目標は立てては危険|シンプルに生きる④

「目標を立てる」 「ビジョンマップを作成する」 「宝の地図を描く」は、ネガティブさんにとっては、危険な事。大切にすべきことは他にあります

目標は立てては危険|シンプルに生きる④

あなたは、目標をたててがんばったりしてますか?

こんにちは、がんばらない人生研究家の杉田です。
今日もネガティブさんのための「シンプルに生きる」をお伝えしていこうと思います。

 

目標を立てることは危険です

 

成功哲学とかコーチングでよく言われる

  • 「目標を立てる」
  • 「ビジョンマップを作成する」
  • 「宝の地図を描く」

 

いろいろありますが、ともかくこうなりたい未来を描いて、現状はこうだから、目標に向かって1歩1歩やっていこう♪

と、良く言われます。
そして、それが世間一般の常識になってます。

 

目標をめざして、モチベーションを上げて取り組んでいく。

 

 

悪い事だとは私も思ってません。

それが苦痛にならない、それでモチベーションが上がるという方はそれで突き進んでいってくださればいいんです。

 

私もそれに従ってやってみたことがあります。

そして、ネガティブ思考満載な私は、ますます落ち込みました。

 

  • どうせ、私はできないんだ。
  • ダメなんだ。
  • 上手くいくはずない。

 

グループワークでやっているときは、その時の雰囲気で、よし!私もきっとできる!できそう!!

と、思い込んで意気込んだりするのですが・・・

 

でも・・・・

 

 

やっぱり、ダメなんだと落ち込み、他の人のようになぜできないんだ、目指せないんだと、自分責めがまたまた始まって、ドボンする。/^^;;;

 

そんなことはありませんか?

 

ネガティブさんは往々にしてそのパターンを踏んでしまうことが多いです。

 

ですので、

  • 目標を立てる
  • ビジョンマップを作る

などは、しないでください。

 

それは、結果にフォーカスしてしまうことになり、危険なんです!

 

目標を立てる必要はありません!

未来図(ビジョンマップ・ドリームマップ)を作る必要はありません!

 

一番大切な事は、決めて行動すること

 

ただ、今すべきこと、したいこと、やろうと思ってることをどうするか、自分で決め、行動していく、それが一番大切です。

 

もちろん、そこに将来こうなりたいからという夢を描くのは、当然のことですが、その為にどうしようか行動を自分で決めた上で、結果をあきらめ、今を進んでいってください。

 

「自分で納得して決め、それを行動する自分を認め、ほめていく」

それこそが、自分の心(自己承認のコップ)を満たす源となります。

 

 

小学校のころからネガティブ人生を歩いてきた私が、還暦過ぎてからようやくたどり着いた解消方法が、マインド再構築トレーニング(頑張らない人生呼吸法)です。

 

 


関連コンテンツ